2020年7月12日日曜日

面白い話 あるある

面白い話で共感を呼んであるあるとなることは多いもの。今回はそんな「あるある」を紹介します。

最初は子供の頃によく言った「一生のお願い」です。今まで生きてきてこれを何回使ったのか、覚えている人の方が少ないはず。

あまりに高い使用頻度のため、「安易には信じられない言葉」調査では断然1位にランクインしているそうです。

使う回数もそうですが、その一生のお願い内容となると、さっぱりわからない人ばかりではないでしょうか?

また学生時代のよくある「誰にも言わないで」という言葉も、全然効力がない言葉のひとつ。

そういって打ち明けられた話を知ってた人が、クラスの中には何人もいるというあるあるです。







ほかの学生時代のあるあるというと。新しく買ってきたノート、最初の1ページ目はものすごく丁寧な文字になるというもの。

思わず手を打って、わかるわかると言いたくなります。この書く字自体はもちろんのこと、定規や蛍光ペンを駆使して教科書さながらのページを完成させた人もいるはず。
でもページが進むと単調になり、最後はただの自由帳となったのはご愛敬です。

社会生活によくある面白い話のあるあるは、「どちら側からも切れます」と書いてある話。
レトルト食品をはじめ調味料や詰め替え袋など、「どちら側からも切れます」と記載されているあれです。

突然やってくるどちら側からも切れない時

あらゆる方向で試してみても、手を拭いてみても切れない時の「イラッと感」は大変なもの。

まさにこちらがキレそうになりますね。





0 件のコメント:

コメントを投稿

面白い話 外に出して

  面白い話 には 外に出して というものもあります。ここでは年若い女性が、 妊娠 をしてしまったという話。子供を育てることができない彼女が取った 行動 は、バレないように子どもを産んで 捨てる というもの。 捨て場所は、駅にある コインロッカー を利用することにしました。赤ちゃ...